パリのPressionライブプライベートショー, 31 5月 2011 – マルタ

私は私の人生で何を獲得したことがない… non potevo crederci quando una mail mi ha confermato di avere vinto 2 biglietti per il concerto privato dei Jamiro a Parigi!!! dopo tanti problemi di organizzazione (volo, alloggio, accompagnatore, e soprattutto,biglietti mai arrivati) il 31 月にする!!! partenza da Venezia, ritardo per lo sciopero dei controllori, ansia perchè avevo appuntamento con una gentilissima ragazza dello staff Pression Live per la consegna a mano dei miei biglietti…ma si arriva in tempo, e Chloè finalmente mi consegna i biglietti magici! io e la mia fedele Enrica siamo davanti al Casinò de Paris poco prima delle 20..pensavamo iniziasse più tardi, non sapevamo se i posti fossero numerati, per fortuna il nostro albergo non era lontano e ci siamo fatte una bella passeggiata senza cena!Si entra.. sopralluogo dei locali :), gadget vari e finalmente dentro…dopo il gruppo di supporto verso le 21 entrano loro, palco centrale ma abbastanza basso! io ed Enrica siamo a destra 3a fila, purtroppo abbiamo un paio di stangoni/e che ci occupano la visuale..ma, per fortuna nostra, un ragazzo viene portato via dalla security(abbastanza incazzosa per l’occasione)カメラのために、我々は階段で場所を近くの左…我々はすべての栄光のジェイが見たから!私は彼を見るために近くの夢が叶うされた. コンサートのラインナップは非常にだけ見られる欧州脚のそれに類似していた,縮小サイズでが:
– Rock dust light star
– リトル通常L
– Canned heat
– Love foolosophy
– Travelling without moving
– 詐欺 (intro)
– All good in the hood
– Deeper underground
– 無事
– White knuckle ride
まだ: Cosmic girl

ジェイ, マントヴァに扮, しかし、より多くのエネルギーと…私は3月に彼を見たとき、私は彼がミラノの前の晩から疲れていたと考え, 私はそれを読み込み中に、パリの花壇の暖かさに驚いて見つけたこの時間. 花壇には、少なくとも..我々は約800人の人がいたと推測, 上部にあるVIPエリアは、特に区別されませんでした “発疹チフス”, しかし、ファンが下方に感じられた!
Almeno le mie file..
最終的に: おそらく、コンサートはビットだった’ 一 “宿題” Jamiroの, まだのみ行わ部分を持ちながら、すでに月間予定, しかし、私はジェイは心から国民の温かさに感銘を発見…forse guardava solamente in basso 🙂 !
そして、私にとっては素晴らしかった…私が子供の頃、私は自分のプライベートコンサートに出席するためにパリへ一日の訪問を考えたことが私の寝室にウォークマンで曲を聞いて! 唯一の欠如: 私が聞きたかった “She’s a fast persuader” live,これは残念なことにマントヴァで行われていない!
コンサートの後, 時間だけ以上続いた, うちの部屋のバンドを待っている, しかし、私は見ることができない (コー​​ラスのを除いて) per abbandono 🙂 …私と私のパートナーは、我々は約1時間待って, しかし、空腹時にのみ私たちが平和のうちに崩壊してホテルに戻ることにしたスポンサーによって提供されるビールでサポートされている :)!
それが最後の長く素晴らしい冒険でしたが...どうもありがとうございました!!
ピアソラであなたを参照してください!!