Palamalaguti, ボローニャ 01 10月 2005 – イーノスの

これは、土曜日の朝を開始します 7.30 ナポリ中心部ステファノから, 冒険の仲間… 旅は長いですが、そこから数時間に番組を見ることができる思考の列車は、私たちに右のエネルギーを与えます!

私たちは、周りのボローニャに上陸しました 12 および, いくつか台無し後Casalecchioに取得します, あなたの袋をドロップすると、Palamalagutiを取得… 我々は巨大な後半会場に来て (私たちはフロントローを失っているだろうと確信していました, どのように悲しいです)! まず、しかし、我々は小さなFracetanaを見つけます, 再び私の最愛のあなたを見るためにどのように素敵な (年に二度目の, イベント!)!

Palamalaguti外ドンキーである第一くちばし (FunkyDonkey) 女の子と… その後、我々はゲートに到着します 6 および, 予想通り, 多くの人がすでにありました!

私は遠くから悲鳴が聞こえます ”INOOOOOS”.. nnは私も好転しなければなりません, 私はそれがJanluka知っています, のみです (あるいは少なくともそれは土曜日までありました!) ことが私を呼んで! 彼を見て良いこと, ラング, 彼のガールフレンド (一緒に私たちの第三のライブ!)… 我々はセレナを知っています, ジューシー, 難民, iamafatbastard, ポールJamiroLife (素晴らしいです!) そして、彼のギャング, アレッサンドロ, アレッシア, フランチェスカ (piccerèèè!!)… マンマ・ミーア, すべてのそれらのstrascorrereニックネームに顔を入れて良かったとすべて一緒に一日!

だけでなく、… 私たちは、男の子と言います ”彼らは場所を保管していました” (笑) 私たちはハードルにあなたの胸にライブを次の希望を増加させることにより、ラインの先頭に入ってから!

時間が飛ぶと、チャットや他のジェイの間、あなたはpariare 'に入れ’ 右の私たちの目の前にラジコンおもちゃの車で… 到着します 19. レディー??…ビア! 門を開きます, accaparrarsila前列のためのレース… 我々は成功します! 実際には, 友人や親戚, 我々は全体の最前列を占めていました… 夢! 我々は落ち着きます, すべてのチャット, 通常の写真 (フラグなし!) 2時間は非常に迅速に渡します!

そして9時, puntualissime, 光Palamalagutiをオフにします… 彼らはすべてのバンドのメンバーを残すとツールに自分自身を配置します, 缶詰・ヒートのリズムのと稲妻のような部分が飛び出しジェイ・ケイは、ステージ上でホッピング! 観客に挨拶, 私たちと私たちの必然的なフラグを見て, 記号を読み取り ”注意してください? それはナポリ17.07でした” そして、笑顔は私たちうなずきなります!!

風景が美しいです, 堂々と雄大な, そこにフル点灯, 色, アニメーション… しかし同時に、全く過度! おそらくこれは、夏のトゥオルの性能に欠けているものであり、: 遠近図法, 屋外でますます不可欠であることを示しています!

しかし、バックミュージックに… バンドは金演奏スペースカウボーイカートリッジ直ちに撃ちます, 宇宙少女とstrepitosissima革命 (その部分を充電!).

リトルLとサニー月に7日後にダイナマイトの時間です: 見事に行わ作品!! まだ私の心の中で跳ねる配置, 気味悪いです!

それはで継続します: 光年 (低音上のポールの偉大なテスト!), 愛ブラインド (それは多くを作ります + Rdal生体内!), Use the force… および, ロブのソロギターの間に, ジェイは聴衆の中にダウンしました… 握手 (poverello, 彼の左手はまだ痛いです!), それは、私たちに同情の笑みを与え、私たちのFracetanaに彼女の手にキス…

私たちは、コンサートの最後にはほとんどしています: ブラックカプリコーンデイ (それは私が狂っ作ることではありません…), Love foolosophy, 時間待つことはないだろう (どのように美しい画面上のクロック!) および (しません) 憎しみにチャンスを与える美しいよし前に、エネルギーの右の放電です (彼らは、それらの間のビットincespicatiあります, しかし、いつものようにCMQ美しいです!)… おかげで、ステージから流れ落ちます…

私の息をキャッチする数分 (私たちのために、彼らのために!) そして再びステージ上で… ホールは緑色に点灯し、より深い地下の雄大なトーンを出発します! いつものように純粋なエネルギー!!

”ボローニャ… Palamalaguti… ありがとうございました!” そして、もう一つ最後のジャンプでジェイはコンサートに終止符を打ちます!

どう… 確かにそれは私が今まで見た中で最高のコンサートでした… 私は理由を説明することはできません, 彼は特別な何かを持っていました… 音楽的にそれは驚くべきものだったし、また前の間にポストコンサートの感情の輪郭が信じられないほどでした!

私たちはバラバラにすべてです, それは厳しい一日でした… すべてのドライブ (Janluと難民へのステップのためのおかげで!) および, ホテル内に一度, すべての床へ… 痛み誰かが過剰なアドレナリンに眠りに落ちるまでにはしばらくかかる場合!

私は私の感謝を残します, いつものように, すべての同行者に: Janluca, ルークとポール、およびそれぞれのクリーク, 難民, 何iamafatbastard, アレクサンダーへ, Ciuchino, アレッシアとPiccerè… 少年たち, あなたなしでそれがすべてのように、特別なことではないだろう!

最後になりましたが、私はステファノに感謝します: あなたは冒険のための素晴らしい仲間です, 珍 (numm'o'scordo!); 電子Fracetana: ご存知のように私はあなたに夢中… あなたが美しいです参照してください。, コンサートでお会いすることは天国です!

あなたファンクすべてのパーティーピープル!