メディオラヌムミラノフォーラム, 30 Marzo 2011 – ステファノ

ギャラリーで一日のすべての写真を探す!

私はジャミロクワイはいつもされているにもかかわらず、果たしている状態 私が見て最初のコンサート

ショーはどう, 美しい, 美しい景色と効果, すべての才能のある音楽家 領域が作成され、美しい音楽と、が, 人が踊って楽しんで… 奇抜な!

私は本当に彼は、元の異なるバージョンで作られたという事実を感謝し、私は作品の美しい再解釈を発見…

夜の2つの欠陥:

1) フォーラムへのアクセス, 恥ずべき, 駐車場の出口アッサゴ 45 分, ただいじりよりも警戒, 6 駐車場€, 10 側は、私達が持っていたチケットに基づいてされるようになったが出分が理解する… それは考えて恥ずかしいされていることをミラノのような構造 (のみPalaSharpを解体として残ります…) 痛そう管理される… それは環状道路の次の出口のうちがでて、多分あなたは置くことは事実だ分かっていない一未満… 明らかにすることができる人、以前のではなく、誰に到着する必要があります… 私はSubsonicaのチケットを持っていると私はそこに行っている、それがサンシーロフォーラムのようなだけで他のスキャンダラスなだ… あなたは非常に多くのグループがウーディネ、ミラノに行くのか不思議に思った? いくつかは、ボリュームのカーステレオで太陽と再生を開始トップされていない…

2) 我々はスタートから二十分ほどのコンサートに行きました, 3つまたは​​4つの曲の後に我々が来てどのようにビットが思っていた’ ヒットし、スラップ音… 確かに完全にスネアドラムを感じていない!!! 大深度地下は、彼が感じ始めた後のものに変更… 特定の歌とダンスをするかどうか楽しいことに気付いていない可能性があります, しかし、私はミュージシャンを、私は不思議: それはいくつかのレベルで、そのようなことが起こる可能性があります? 麻雀, 恥ずべき

これらの2つの否定的なことにもかかわらず、, 素晴らしいコンサート (しかし、約1時間の!)

ステファノ