Dynamite

歌詞へ

Dynamite

E’ il 2005 以上合格 10 年以来、若い男の名前 ジェイソンCheetman, 彼のポケットの中にいくつかのポンドが魂に非常に多くの音楽のアイデアで, トビースミスジャミロクワイとと判断したミュージシャンが厚さを発見. これらの中に 10 アンディス年、バンドは劇的に変化し、残念なことに、唯一のジェイソンケイバンドでされている. ギタリストとして新しいコンポーネントを伴う ロブハリス とキーボード Matt Johnson, 未の最後のアルバムを開く: Dynamite.

ジャミロクワイの最新作は、頑強な音で、より電子を特徴とする多くの急; シングル それはお気軽にだけしたいと思います それは明確な証拠である. L’album non conferma le aspettative solite di vendite ma ha comunque un discreto successo risultando nella top5 di molte classifiche europee.

ダイナマイトは、ジャズで強調表示され音 – として タルーラ – 現在近年の放棄, しかし、強力な、強力な電子ダンスの作品として Dynamite電気女王. 曲のテーマは平凡であり、多分まだ音楽の分野に新しいアイディアを返すのに時間が必要だ, ジャミロクワイの新しい時代を開く: 長い間の沈黙にバンドリトリート – うまくいけば – 最終的には 2010.

曲と歌詞:

  1. Feels Just Like It Should
  2. Dynamite
  3. 晴れの七日間6月
  4. 電気女王
  5. スターチャイルド
  6. 愛ブラインド
  7. Talullah
  8. (しないでください) Give Hate A Chance
  9. World That He Wants
  10. ブラック悪魔カー
  11. ホットテキーラブラウン
  12. Time Won’t Wait